スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

痛恨のミス!

ぬぅ…明日(っつうか今日じゃんか)従兄妹の結婚式だっていうのに、
作業に追われて祝電を打つのをすっかり忘れてた。
なんか有名人Mとか来るんですってよ奥様w
だったらそれでいいじゃん!俺なんかもう15年以上?会ってないし、めんどくさいなぁもぅ。
血縁関係って大事な事というか、世の中に幾つかある理不尽な不可避のシステムの1つで、
それはそれで仕方ないけど、歳を経るに従って「自分に直接関わる事」以外が
激しくどうでもよくなる一瞬がありませんか、そうですか。
…っていうか時々自分の事すらどうでもよくなる破滅主義者になる一瞬があるなぁ最近は(苦笑)

進めている単行本の作業、向こうから言われて、カバーの折り返し部分にカットを入れる事に。
個人的には以前にも書いたが、前回の中の漫画のコマをチョイスしてデジタル処理を加えるという、
自分のやらない(出来ないw)手法が面白かったのだが、同じ事を繰り返すのではなく、
単行本として今回は今回で新しいデザイン表現をするべきだという向こうの判断なのだろう。
まぁ確かにその通りです。
自分の描いたものですが、それと共に「出版社の商品」である訳だし、売る努力は大事です。
このカットが大きく表に出る訳ではないけども、無いとカバーのレイアウトも進まないから急いでやらないと(汗)

今回作業を進めながら思うのは、以前は自由というか出版社側も頓着があまり無かったなぁという事。
今回の単行本に、以前に出した「G街奇譚」という作品の単行本未収録作が2.2本収録されるけど、
この単行本までは自分の好きな様にカバーをデザインさせてもらっていた。
自分は単に出来るだけ作品に合わせたカバーにしたいだけだったのだけども、
以前のコアマガジン(旧ホットミルク)はそんな事も許容してくれるところがあったし、
業界自体がそういう自由な風潮でもあったと思う。
今は描くキャラや使う色からロゴデザインまで、出版社サイドの意向が大きく繁栄する様になってきた。
というか俺がのろのろしてる間に、いつの間にかエロ漫画業界も売り上げを競い、
生き馬の目を抜くが如き業界になってしまっていた訳で(汗)

ワニマガジンの快楽天の漫画の事も考えないとね。
年内はとにかく忙しい事になりそうで、まぁ悪い話ではないです。


追記:祝電の問題は色々調べた結果、朝になって115に電話する事で無事に解決。
    サービス云々はともかく115は早ぇのは確かだ。
スポンサーサイト
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。