スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原因不明

先週の木曜日に急に左上の歯が痛くなってきて、その日はしばらく放って置くと治まったのですが、
それが金曜日に食事で味噌汁を飲んだ途端にかなり激しくぶり返しました。
しかも治まる気配が全く無くって、左上の歯全体が上に突き上げる様にどんどん痛い感じに。
どうも「温かい物」が沁みる様で、市販の痛み止め(ナロンエース)を飲んでも、ちっとも治まりません。
痛くて仕事は手に付かないし全然眠れないしで、しかも輪番停電というヤツでどこも休み状態。
土曜日に、何とかかかりつけの歯医者に診てもらったのですが、
レントゲンを撮ったり色々調べてもらってみても、虫歯は全く無しという事で、
これは以前から指摘されていた「歯根膜」という、頭蓋骨と歯の間にあるクッション的な働きをする組織が、
傷んでいる事から来る痛みではないか?という事に、その時は落ち着きました。

帰宅する頃には少し落ち着いてきてもいたので、そういうものかと納得もしていたのですが、
夕方辺りからジワジワと痛みが拡がり始めて、とうとう鼻の奥の方まで痛くなってきました。
しかも歯の方の痛みは左上の臼歯から、前歯の方に移っています。
鼻をかんで偶然気付いたのですが、鼻の周りを押すと鈍痛がして、それはどうも骨の方っぽくもあります。
痛み止めを飲むと少しまぎれる感じです。
          
ネットで調べてみると、症状が「急性副鼻腔炎」というやつに酷似しています。
鼻から通じる隙間が頭蓋骨の中にいくつもあり、そこに細菌が入り込んで化膿して膿が溜まるという症状です。
この症状の中に歯痛も入っているのです。
翌日曜日には、左小鼻の横から歯茎にかけての痛みがひどく、頬が腫れて鼻が少し右に曲がってしまいました。
鼻の奥に棒で押されている様な痛みがあり、左目の奥にも違和感を感じます。
元々鼻がよくないというか鼻詰まり体質なので、こういった話には大いに納得が出来るというか、
とうとう来たか!という気持ちでした。
ただし急性副鼻腔炎では「臭くて濃い鼻汁(膿)が出る」という症状があるのですが、それが全くありませんし、
(というより、普段詰まり気味な左の鼻の穴が、かえって通ってる感じでした。それも日曜夕刻以降は
今に至るまで詰まってしまうのですが、それでも濃い鼻汁は全く出ず、普通の鼻水しか出ません。)
折りしもタイミング悪く、世の中は連休中で医者はどこも休診です。
ネットで調べて近所に1件だけ開いている耳鼻咽喉科を見つけましたが、
口コミ評判では「医者が年配で、治療が痛い」とあります…(-_-;)

仕方ないので、月曜日にそこへ診療開始時間に合わせて行きました。耳鼻科に行くのは生まれて初めてです。
実は当日は起きた時から歯の痛みは軽くなっていました。これだけでもだいぶ助かりますが、
やはり原因が解らない事には仕方ありません。
連休中に他に開いている耳鼻科がない事もあってか、待合室は結構混んでいる印象でしたが、
そんなに待たされた感じもなく診察室へ通されました。
特に問診もなく、鼻の中をちょっと診察して「花粉かなぁ」などと言うので、
その瞬間から一気に懐疑的モード炸裂です(苦笑)
とにかく痛み止めが効かないぐらい痛かった事と、今も頬が腫れて痛い事(向こうはそうは見えなかったらしい)、
そして一応副鼻腔炎の疑いを訊いてみると、レントゲンを撮る事に。
2枚撮影して、次にネブライザーという鼻腔内に水蒸気や微粒子化した薬を噴霧する器具で、鼻をシュコ~と。
鼻が通る感じがちょいとしますが、効くという感じでもありません。
その後待合室で、しきりに垂れてくる鼻水を拭きつつ待ってると、再度診察室に呼ばれました。
角度を変えて撮ったレントゲンに異常は見られないという説明を受け、それは画像的に左右を比べて見れば素人目にも解るので、その点は納得入ったのですが、それではこの腫れと痛みの原因が解りません。
一応抗生物質と痛み止めを処方されて帰宅。
歯の痛みが紛れているうちにと思い、途中ハンバーガーで食事を済まし一回目の薬を飲みましたが、
早速その日の夜から歯の痛みが再発。
処方された痛み止めも飲み(これは効いてる感じ)一旦軽くなったうちに就寝しました。

現在も少しだけ引いたものの頬の腫れと鈍痛は続いています。
左側だけ豊齢腺が無いので少し若い感じですが、腫れてる分太って見えます(-_-;)
左の上の歯も、今も痛みの度合いは前よりは軽くなったものの相変わらずで、
24時間常時じりじりと痛みがあります。
共に原因が解らず対処の方法が無いので、今は耳鼻科で処方された薬を飲み切るまで様子見状態です…。

コメントの投稿

非公開コメント

歯痛

私も同様の経験がありますが、歯根部分に膿がたまったものでした。
歯の根元骨に埋まった一番奥、神経が通っているあたりに膿がたまるもので、神経が圧迫されて死ぬほど痛いです。
歯か骨に穴を開けて膿を抜けば楽になりますが、根治的には歯から穴を開けて、神経ごと殺して、掃除をしちゃうようです。
差し歯とか有るとその根元がやばいようです。
私は体質的に糸切り歯が異常に深く埋まっているので、歯茎側から骨に穴を開けてアプローチしましたが、おかげで、再発しても歯茎側から抜けて楽です(笑)

同じ症状とは限りませんが参考まで

PenPenさん>
貴重なご意見ありがとうございます。
自分も痛みの中心は糸切り歯、いわゆる犬歯の上方向にシフトしつつあるんで、
とても参考になります!
現状、わずかずつですが腫れは治まりつつある様に見えますが、
あいかわらず歯の疼痛は続くし、頬の痛みと強張りも顕著です。表情が上手く作れません。
仕事もあるんで現状維持な訳ですが、知り合いの方からは油断せずに、
別の医者に見てもらった方が良いという示唆もいただいていますし、
経過によっては大きな総合病院に行く事も考えています。
PenPenさんの場合は結局「何科」の治療をお受けする事になったんでしょうか?
もし差し支えなければアドバイスいただきたく思うのですが、いかがでしょうか?
よろしくお願いいたします。

歯根嚢胞

痛いでしょうに、お返事遅くなりましてすみません。

歯根嚢胞 で検索してみてください。情報があります。
けして珍しい症状では有りませんが、蓋をしている歯が健常な場合見落とすことがあります。
サイトによっては、健常な歯には起こらないとかかれていますが、そんなことは有りません。
実際に炎症を起こしている部位と痛いと感じる部分が違っていると余計わかりにくいです。
鼻の横が痛いといって、そのあたりまでレントゲンを取ってくれない歯医者でしたら、違うところへ行った方がよいと思います。

口腔外科を兼科した歯科医に行くのが懸命です。

私の場合、上の犬歯を足にしてブリッジ治療を行ったところ、顎が歳とともに広がろうとしたのにブリッジがそれを押さえ込んだ形となり、犬歯の根本が圧迫されて壊死し、神経が生きたまま嚢胞が出来、地獄を見ました。
ひどいときは日常目の前に星が飛ぶほど痛かったです。

結局、前回書いたように犬歯が常人の2倍以上根が深かった為、歯茎の上側の口腔内から切開し、顎の骨を削って歯根部を露出させ嚢胞を切除しました。
5mmくらいの三角錐状の袋になってました。どれだけ我慢したのかと、医者にあきれられたくらいです。
通常は、歯のほうから穴をあけ、神経を殺した後歯根部を掃除するようです。
穴をあけただけで、うそのように痛みが引きます。

医者に行くまで対症療法としては、経験上では抗生物質が効きました。膿がたまるのを減らすのかもしれません。
風邪を引くなど体調が悪いと膿がたまりやすいようです。
熱が出やすいですが、膿がたまって熱が出るのか、熱が出るから膿がたまるのかはわかりません。

ひどくなると結構やばいらしいので、早めに腕のいい歯科医に相談してください。
地元で腕がいいと評判のところがよいと思います。
大田区周辺ならご紹介できますが。

Re: 歯根嚢胞

PenPenさん>
お返事ありがとうございました。
「歯根嚢胞」ですか!早速調べてみます。
おかげ様で、とりあえず症状は現在治まりつつあり、痛みにグッタリする様な事は無くなりました。
一時は顔の左側だけ腫れて、頬がぷにゃぷにゃに弛んでたりしたのですが、今は戻りつつあります。
耳鼻科で処方された抗生物質が効いたのか、それとも症状のピークを過ぎたのか、それは解りませんが、
落ち着いてきましたし、現在作業中という事もあり、今しばらくは様子を見るつもりでいます。
しかし、おっしゃる症状にはイチイチ当てはまる部分も多いですし、自分も犬歯が大きく、
確かに押した時の痛みや違和感の中心は、そのライン上なのです。
油断は出来ないので、少しでもぶり返す様なら、
すぐに口腔外科(知人からも言われました)で診察してもらうつもりでいます。
今回は貴重なアドバイスをありがとうございました!
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。