スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

また来ましたか…(-_-;)

今夏、業界を騒がせた「都条例問題」ですが、ここに来て再燃です。
しかも修正案としながら、より広範な解釈が出来る内容に改悪されている上、
審議から可決までにほとんど日にちが無いという、都側は超強行姿勢です。
反対運動をするにはあまりにも時間が無く、早急に業界全体が対処するか、
審議する側に業界や現状に詳しい人間がいなければ、今回は可決されてしまうかも知れません。

夏冬のイベント前に狙ったかの様に出てくるこの問題ですが、こんな季節の風物詩はイヤなりヨ(;´ρ`)
   
   
以下は、ITmedia Newsからの抜粋。

「非実在青少年」を削除、再提出へ 都条例改正案
東京都は青少年育成条例改正案を修正した上で、11月30日開会予定の都議会に再提出。
「非実在青少年」を削除した上で、刑法に触れる性行為や近親間の性行為などを
「不当に賛美しまたは誇張」した表現を条例の対象にすると修正。

東京都の青少年育成条例改正案問題で、都は改正案を修正した上で、11月30日開会予定の都議会に再提出する。
当初案で18歳未満のキャラクターについて「非実在青少年」などとした部分は削除した上で、
刑法に触れる性行為や近親間の性行為などを「不当に賛美しまたは誇張」した表現を条例の対象とし、
内容によって「不健全図書」に指定して18歳未満への販売を規制することができるとしている。

「不当に賛美しまたは誇張」
修正案では、批判が相次いだ「非実在青少年」という文言を削除。
その上で、条例の対象を定義する第7条に追加するものを以下のように定義した。

漫画、アニメーションその他の画像(実写を除く)で、
刑罰法規に触れる性交もしくは性交類似行為または婚姻を禁止されている近親者間における性交
もしくは性交類似行為を、不当に賛美しまたは誇張するように、描写しまたは表現することにより、
青少年の性に関する健全な判断能力の形成を妨げ、青少年の健全な成長を阻害するおそれがあるもの

当初案は、キャラクターながら18歳未満という年齢を定義の1つとしていたが、
修正案は刑法に触れる性行為や近親相姦などを「不当に賛美しまたは誇張」した表現を対象にしており、
キャラクターの年齢は関係がなくなっている。

また、当初案では児童ポルノについて、都民は「何人もみだりに所持しない責務を有する」と定め、
単純所持規制に踏み込んだ文言が盛り込まれていた。
修正案ではこれを削除し、都民に対し「児童ポルノを根絶することについて理解を深め、
その実現に向けた自主的な取り組みに努めるものとする」とした。
当初案の「青少年性的視覚描写物のまん延防止」といった文言や、
「まん延」の防止に向けた事業者と都民の活動を都が支援するよう努めるとした部分なども削除した。

一方、「13歳未満の者であって衣服の全部もしくは一部を着けない状態または水着もしくは下着のみを
着けた状態」の写真などについて、「青少年が性欲の対象として扱われることが青少年の心身に有害な
影響を及ぼすことに留意し」、13歳未満がこうした写真や映像の対象にならないよう保護者と事業者に求め、
都知事はこのうち「著しく扇情的なもの」に対しては保護者と事業者に必要な指導ができるとしている。

修正案に対し、山口弁護士は、「不当に賛美しまたは誇張」の部分があいまいで不明確だと指摘。
またTwitter上では、「キャラの年齢ではなく描かれた性行為で判断されるため、
より広範な表現規制につながるのでは」といった批判が多い。

詳細はこちらで→「非実在青少年」を削除、再提出へ 都条例改正案

誤解が生じる可能性を踏まえてぶっちゃけて言えば、
「キャラの年齢は関係なく、Hしてる様に見えたり、エロく見える絵は規制させてもらいます!」
「だもんで皆さん、エロい物は自分でどんどん捨てるか通報してね♪」
「実写で13歳未満の子供の下着や水着の写真も、こっちで判断して規制しまっせ~」
…という感じです。

この条例案が通ってどうなっていくかを解りやすく言えば、
「エロ漫画雑誌はコンビニから撤退、専門書店での購入も厳しくなる」
「コミケの参加サークルの半分以上は規制対象になる」
↑※ちょっとオーバーですが、少なくとも3割は対象になるでしょう。
「それ以前に会場が借りれなくなるか、規模縮小の上で参加者の年齢確認必須」
「pixivのR-18系イラストは全部規制対象なので総削除」
「ロリ系絵描きはもちろん、エロく見える絵は全部ダメ」
…ってまぁ、悪く考えればキリがない訳です。
特に自分の様なエロ漫画を生業にしてる様な人間や、後ろ盾の無い同人やイベント関係とpixiv辺りは、
ちょっと死活問題かと思います。

またタイミングが悪い事に、韓国と北朝鮮間で関係が悪化する事態が重なった事もあって、
マスコミ報道でこの問題が扱われる事はなさそうなので、一般市民にはこの問題は全く伝わらないでしょう。
今後ごく短い期間に、反対運動など事態が急展開しそう(否、してくれなければ困る)なので、
皆さんネットの情報には注意していただきたいです。

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。